スタッフブログ

スパンコール刺繍&オリジナルワッペンの京都刺繍ライフ > スタッフブログ > スパンコールの箸置き

スパンコールの箸置き

2013/02/19 POSTED BY:k-tanaka

箸置き、英語ではChopstick rest

箸が転がり落ちるのを防ぐために使うテーブルの上に置く小物で箸枕、箸休めともいわれる。

和食の場合は箸が横方向に箸先が左手側となるように置くが、

中国、ベトナムなどでは箸が縦方向に箸先が向かい側となるように置く。

材質はガラス、木、磁器、陶器が多く、石製もある。

そこで、スパンコールで箸置きを作ってみました。

もちろん、洗えることも出来ます。

キラキラスパンコールの箸置き、食卓を彩ります。

スパンコール刺繍で3歩その先へ!

~京都刺繍ライフ/㈱エンブロイド・タナカ~
スパンコール刺繍&オリジナルワッペン
www.facebook.com/?kyoto.embroidery#!/kyoto.embroidery

コメント

No comments yet.

コメントをどうぞ

次の記事:へ  |  前の記事:

ホーム
よくあるご質問
ワッペンについて アーカイブ