スタッフブログ

スパンコール刺繍&オリジナルワッペンの京都刺繍ライフ > スタッフブログ > 牡丹のスパンコール刺繍

牡丹のスパンコール刺繍

2013/12/17 POSTED BY:k-tanaka

ボタンには、寒牡丹、春牡丹があるらしい。

春牡丹は4-5月に開花する一般的な品種。

寒牡丹は春と秋に花をつける二季咲きの変種。

通常は、春にできる蕾は摘み取り、秋にできる蕾のみを残し10月下旬から1月に開花させる。

別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」

「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数。

以前はキンポウゲ科に分類されていたが、

おしべ・花床の形状の違いからクロンキスト体系では

シャクヤクとともにビワモドキ目に編入され、独立のボタン科とされた。

スパンコールで牡丹を表現してみました。

 

スパンコール刺繍で3歩その先へ!

~京都刺繍ライフ/株式会社エンブロイド・タナカ~
スパンコール刺繍&オリジナルワッペン
★あらゆるデザインをスパンコールで表現します!★
kyoto-embroidery.co.jp/
www.facebook.com/?kyoto.embroidery#!/kyoto.embroidery

コメント

No comments yet.

コメントをどうぞ

次の記事:へ  |  前の記事:

ホーム
よくあるご質問
ワッペンについて アーカイブ