スタッフブログ

スパンコール刺繍&オリジナルワッペンの京都刺繍ライフ > スタッフブログ > 炎のスパンコール

炎のスパンコール

2012/12/25 POSTED BY:k-tanaka

(ほのお)は、火の中でも、気体が燃焼するときに見られる穂のような、

光と熱を発している部分を指す。語源は火の穂(ほのほ)から由来していると言われている。

有機物の燃焼の場合、炎の色は外炎においてはCHやC2といった物質の発光、

内炎においては炭素の微粒子の発光によって決まっている。

炭素含量の少なく酸素を含む有機物、例えばメタノールの燃焼においては

炭素の微粒子の発生量が少ないため、内炎が目立たずに炎がほとんど見えないという特徴がある。

また、有機物以外の燃焼では炎の色が異なる。

例えば水素の燃焼で生じる炎はほとんど色を持たないが、硫黄の燃焼で生じる炎は青色である。

金属自身を燃焼させたり、炎の中に金属の塩を投入すると、炎の色が変化することがある。

これは熱によって炎の中に金属のイオンが発生し、これが熱励起されて発光するためである。

金属の種類によって色が決まっており、炎色反応と呼ばれている。

これは金属の定性分析、定量分析に利用されている(フレーム発光)。

Wikipediaより

 

難しい事はさておいて、心の炎は健全に保ちたいものですね。

キラキラ輝く炎を目指して、

スパンコールの炎。

刺繍で心豊かな生活を!

~京都刺繍ライフ/㈱エンブロイド・タナカ~
スパンコール刺繍&オリジナルワッペン
www.facebook.com/?kyoto.embroidery#!/kyoto.embroidery

コメント

No comments yet.

コメントをどうぞ

次の記事:へ  |  前の記事:

ホーム
よくあるご質問
ワッペンについて アーカイブ