スタッフブログ

スパンコール刺繍&オリジナルワッペンの京都刺繍ライフ > スタッフブログ > コットンボールと東北コットンプロジェクト

コットンボールと東北コットンプロジェクト

2012/11/02 POSTED BY:k-tanaka

ワタの花が落ちると子房がふくらみ始め,6~7週間でその皮が破れると,

白い柔らかい種子毛繊維があふれてきます。

これがコットンボールです。

 

コットンの主な生産国は中国とインドです。

ただし、国内の繊維産業でほとんどを消費しており、

木綿の主な輸出国はアメリカ合衆国とアフリカ諸国だそうです。

輸出上位5カ国は、(1) アメリカ合衆国、(2) インド、(3) ウズベキスタン、(4) ブラジル、(5) パキスタン。

全く生産していない主な輸入国は北朝鮮、ロシア、台湾、日本、香港となります。

 

現在、「東北コットンプロジェクト」が進められております。

これは、津波により稲作等が困難になった農地で

被災した農家が(綿)コットンを栽培、紡績から商品化・販売を

参加各社が共同で展開する、農業から震災復興を目指すプロジェクトです。

 

是非、応援していきましょう。

ご興味のある方は是非ご賛同ください。

刺繍で心豊かな生活を!

~京都刺繍ライフ/㈱エンブロイド・タナカ~
スパンコール刺繍&オリジナルワッペ
www.facebook.com/?kyoto.embroidery#!/kyoto.embroidery

コメント

No comments yet.

コメントをどうぞ

次の記事:へ  |  前の記事:

ホーム
よくあるご質問
ワッペンについて アーカイブ