スタッフブログ

スパンコール刺繍&オリジナルワッペンの京都刺繍ライフ > スタッフブログ > 家紋の刺繍

家紋の刺繍

2012/07/31 POSTED BY:k-tanaka

日本で紋章らしいものが使われ始めたのは

平安時代中期(924~1054年)頃からと言われています。

当時の豪族である藤原氏を中心に家柄を重んじ

貴族が正装や御所車や輿(こし)に身分を見分けるしるしとし、

発展、世襲、家のしるしとなったようです。

今回は帯に刺繍を入れる依頼を戴きました。

井桁に梅の花です。

黒の帯に黒の糸を使っています。

落ち着いてなかなかいいものでしょ。

刺繍で心豊かな生活を!

~京都刺繍ライフ/㈱エンブロイド・タナカ~
スパンコール刺繍&オリジナルワッペン
kyoto-embroidery.co.jp/
www.facebook.com/?kyoto.embroidery#!/kyoto.embroidery

コメント

No comments yet.

コメントをどうぞ

次の記事:へ  |  前の記事:

ホーム
よくあるご質問
ワッペンについて アーカイブ